トラウマを否定せよ

僕はアドラー心理学によってひどく傷ついた心を素早く回復させることができました。

こんなに素晴らしい考えがあるなんて!と思いみなさんとシェアしていきたく、

記事を日々更新していこうと思います。

今回は「トラウマを否定せよ」

についてシェアしていきましょう。

重要キーワード

・人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる。

・「あなた」が世界を複雑なものとしている。

・客観的な世界に住んでいるのではなく、自らが意味づけをほどこした主観的な世界に住んでいます。

・問題は世界がどうであるかではなく、あなたがどうであるか。

・あなたにその”勇気”があるか。

・人は変われます。のみならず、幸福になることもできます。

 

トラウマを否定せよ

アドラー心理学とは、アルフレッド・アドラーが20世紀初頭に創設した「アドラー心理学」別名「個人心理学」の提唱によって始まりました。

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ三大巨頭のひとりとして、アドラーの名前も必ず言及されます。

アドラー心理学は、堅苦しい学問ではなく、人間理解の真理、また到達点として受け入れられています。

 

なぜ「人は変われる」なのか

・過去の「原因」ではなく、今の「目的」を考えます。

過去の原因があるから動けないのではなく、

今の目的があるから動くのだ!という考え。

・外に出たくないから、不安という感情を作り出している。

アドラー心理学では、これを「目的論」と呼びます。

つまり、外に出たくないという理由を不安という感情の原因としています。つまり、結論外に出たくないのです。

その理由はなんでも良いんです。不安やお腹痛いや頭痛いなど。。。

なので→われわれは原因論の住人であり続けるかぎり、一歩も前に進めません。

トラウマは、存在しない

アドラー心理学では、トラウマを明確に否定します。

自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである。

われわれはみな、なにかしらの「目的」に沿って生きています。

厳しい言い方ですが、

その目的に障害や不可能と判断した気の弱さからくる自己弁護のためにトラウマを引き出しているということなのです。

アドラーはトラウマの議論を否定するなかで、こんな厳しいことを語っています。

「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない。我々は自分の経験によるショック。。。いわゆるトラウマ。。。。に苦しむのではなく、経験の中から目的にかなうものを見つけ出す。自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するものである」と。

 

人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するものであり、自分がどう生きるかを選ぶのは自分なのです。

人は怒りを捏造する

・大声を出すために、怒った。

・その手段として、怒りという感情を捏造した。

・怒りとは出し入れ可能な「道具」。

怒りに駆られて、大声を出すことはしません。

ひとえに、大声を出す為に、怒ったというのがみんながやっている行為です。

本日の結論

ここまでシェアしてきて、なんとなくですが、

マイナス的な感情のコントロールは外部的な影響ではなく、

自分自身がどう結論付けることなんだなという答えがでました。

愚痴、不満などはとかく外部環境の影響しかないと考えがちですが、

アドラー心理学では

最初にやらない、できないという結論を決めてしまっている自分が原因だと。

前に進めない人、今の現実を悩んでいる人は、この目的論で考えてみてはいかがでしょうか?

きっと気が楽になるとおもいます。

 

 

Follow me!

コメントを残す