エネルギー = 思い + 行動 = 現実

思いを行動すると現実になる

突然の話ですが、あの世は思うとそれが現実になるみたいです。

仮想現実といいましょうか?考えたらそれが目の前に出てくるみたいですね。

いわゆる 現実=思い という式なんですね。

スポンサーリンク

しかしこの世はそうはいきません。

かならず、思いの後に行動が伴わないと現実にならないです。

この地球はそういう所なのです。

この地球では思ってるだけではダメなのです。

行動しなければなりません

ポジティブに思うという事はチャンスが訪れる

全ての環境、今までの出来事、それを嘆いていても始まりません。

ピンチはチャンスとよく言ったもので、

まずは思う事です。ポジティブに

それは「チャンスだ」という具合に。

ポジテイブに思えば必ずチャンスということに気づきます。

チャンスが見えたらそれを掴めば(行動)思いは現実化します。

豊臣秀吉という人

歴史上の人物で有名な人といえば、豊臣秀吉さん名前は必ず出てくるものです。

秀吉はみなさんも知っていると思いますが、百姓から立身出世した人です。

そんな人も最初は織田家という、中小零細企業なみの弱小武将の家来になりました。

でも、足軽にしかなれないという事を嘆くのではなく、寧ろ、常にチャンスを伺って、

弱小、中小零細企業でも一生懸命仕事をして立身出世を掴んでいきました。

このような人は決して無理をしていないと思います。

今の立場に対して、「あ〜良かった!」と感謝しつつ、次のチャンスを掴んでいったと思います。

無理せず、精神を疲弊せず。なので行動が伴っていき、思いを現実化していったのではないのでしょうか。

この世は思いだけではダメ

この世は思いだけで物質を手に入れることなんて不可能です。

必ず行動が伴わないと現実化しません。

これは、この地球の確固たるルールなのです。

言葉を変える

思いを現実化させるためには行動しなければなりません。

行動はエネルギーが必要になります。そのためには健康を手に入れるととともに、

まずは言葉を変えてポジティブに物事を考えてチャンスを見やすくすることです。

「感謝」とか「ありがとう」とか

逆にネガティブな言葉として、「ついてない」とか「不幸」だとか「あいつだけずるい」とか

不平不満、愚痴を言うと、チャンスが見えなくなってしまいます。

チャンスが見えないと行動できなくなります。

目の前の目標が見えなくなるわけですから。

唯物論と観念論

哲学でこんな話があります。

  • 我が現実に存在するから我がいる。
  • 我を想うから我が存在する。

なにが言いたいかといいますと、この世のルールから考察すると

この世は唯物論ではなく、観念論なのです。

我を思い、我を見たり触ったりする行動をとるから、この私が存在するわけです。現実化するわけです。

何を言ってるの?目の前にコップがあるという現実があるからそれを認識しているんでしょ?

と言うかもしれませんが、

コップというものが欲しいと思い、それを手に取ったり見たりするという行動をとるから現実にコップがあるんです。

こんな話をされてもピンとこないかもしれませんが

バカヤローと言われて楽になる

毎日毎日、横暴な上司にバカヤローと言われて「もう死にたい」と思ったことがある人がいたとしましょう。

しかしながら、考え方を変えてみましょう。

バカヤローと言われたら、その度に10万円手に入ると考えましょう。

そうするとバカヤローと言われるのが楽しくなるんじゃないですかね?

今日はまだ2回しか言われてないから20万の利益しかない・・などと思わないですか?

そうなんです。

バカヤローと言われて死にたいなんて思うのは、決して上司のせいではありません。

自分の考え方だけなんです。

まあ、バカヤロー1回で3万円くれる人はそういないと思いますが😀

要は考え方で世界は変わる

上司があなたに尻拭いばかりさせる会社は絶対に辞めないように。

スポンサーリンク

なぜかと言えば、一人の人間に尻拭いさせるなんて、上層部は穴だらけです。

そんな穴だらけの会社なんてすぐに出世できるどころか乗っ取りもできますよ。

考え方変えて、言う言葉を変えると、目の前がガラリと変わります。

変化を見つけたら行動してください。

行動したら、絶対に夢をつかめます。

そして、誰も、あなたの心は傷つけることはできません。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す