生命って。。。

生命とは

ギモン

私は普段生活していて必ずこんなギモンが沸いてきます。

生命って何だろう?

生きるってどういうことだろう?

スポンサーリンク

自分とはどんな存在なんだろう?

何のために生きているのだろうか?

私は気がついたらここにいました。気がついたらこの世の人になっていました。

「いのち」はどこにあるのでしょうか?

身体にあるのでしょうか?

それとも心にあるのでしょうか?

そして生から始まって死とはどういうことでしょうか?

生きること

生には「生まれる」ということと、「生きる」ということの大きく2つの意味があると思います。

私たちにおいては、前者は生命の誕生で、後者は生・老・病・死という人間の一生です。

ご存知である通り「生命」は人間にも動物にも植物にも、あらゆる生き物に宿っています。

そして「生命」や「生きる」という言葉から、

自分自身や家族のこと、

身近な動物や草花のこと、

毎日の食事のこと、

野山や海や川といった大自然のこと、

地球のこと、

そして宇宙のことまで、

様々なことを思い浮かべます。

そのような思いや疑問は際限もなく尽きませんが、人間として生きていこうとする時、

誰もが一度は考える事だと思います。

そして私たちは、その経験や苦闘を「成長」と呼んでます。

その成長の中で、様々な経験をし、私たちが周りの方々に生かされている事を知ることができます。

そして自分の存在を確認して安心を得ると同時に、

生かされていることへの感謝の気持ちが生まれ、

同時に、同じ生命を持った者として他者への思いやりの感情も生じてくるのではないでしょうか。

命って誰のもの?

「命は誰のものですか?」と質問されますと、

なんて答えますか?自分の身体にあるのだから「もちろん自分のものです」と答えませんか?

私だってそうです。

しかしながら、

人は独りで生きられないのと同じく、人は自分の意志によって独りで生まれたわけではありません。

誕生日だって自分が決めたことではなくて、後から教えられたことです。

では、もし運悪く交通事故にあって、ケガをしてしまったとしましょう。

その連絡を聞いて真っ先に心配するのは両親や家族ではないでしょうか。

無事でありますようにと必死に祈るに違いありません。

そう考える時、「生命」というものは、

自分一人だけの生命であるとは決して言えないと思うのです。

それは、生命を考える時、自分自身の心身だけにとどまらず、

自分の家族や地域社会、

周囲の環境など

多くの関わりを持ちながら生きているという事実があります。

つまり自分以外のあらゆるものと関係があってはじめて自分自身が生きている、

生かされているんだなと、感じる事ができます。

また、生命は自分自身でつくったものではありません、それは明白な事実です。

お金で買えるものでもありません。

同じものをつくることもできませんし、全く同じものが存在するわけもありません。

個々の生命は唯一無二のものであり、かけがえのないものです。

生きる意味

私たちは「気がついたらこの世の人になっていました」という曖昧な事後認識ではなく、

この世の人となること自体が非常に困難な事だと自覚すれば、

受けた生命を精一杯全うして人生を送ろうと考えるはずです。

人間には死ぬことと同じように、避けられないことがあります。それは生きることです。

人は生まれていつかは死ぬ運命にありますが、しかし、同時に今を生きなければなりません。

「何のために生きるのか、何のために生かされているのか」

生きる意味を追求するということは、

自分なりの人生目標や目的を定めるということではないでしょうか?

生きる意味は自分が決めるのです。と私は思います。

 

生きる事は楽しいときもあれば辛いときもあります。

辛い事が続けば忍耐が必要ですが、結果、自ずと成長し、目標に近づくことができます。

人生に躓いた時こそ、積極的に生きて、生き抜いて、自分の人生を充実させる、生を全うする、

つまり、「生ききる生命」、「死にきる生命」、

すなわち、生ききってこそ、死にきってこそ人生なのです。(悟りを開いたわけではありません😁)

そして、人生の目標を達成し、世の中に感謝し、愛を育み、死を全うすることが

人生の意味なのかと私は思います。

自他共に生きる「生命」を感じ取る

単に人間の身体とその死という「命」ということだけでなく、

精神的かつ社会的なことも含めた多面的で総合的な存在である人間としての「生命」を考える必要が大切なのではないでしょうか?

現代は高度な科学文明の恩恵に預かり、

何かと忙しい現代社会にあって、私たちを取り巻く環境が大きく変わったことで、

逆に人間の心身をおびやかす度合いが強まっていると言えないでしょうか。

だからこそ、一人ひとりが常に「生命」について考え、学びあい、教えあい、意識することが大事になってくると思います。

例えば、

家族や友人あるいは動植物の死といった死別体験、

赤ちゃんの誕生といった身近な生命の誕生。

友人との楽しい遊び体験や人生トラブル・挫折。恋愛や失恋。難問や目標をクリアした時の達成感。

未知の文化とのふれあい。

小説や映画、音楽・芸術での感動体験など、

これらは人それぞれの日々の経験ですが、日常生活でのささいな出来事も、

すべて「生命の体験」に通じると思います。

そして生きることを喜び、自他の生命の尊さを感じ取れる人になるのだと思います。

人間の取り分

食物について

現代生物学からみると、

地球上の生きものすべてはDNAという物質を基本として生きています。

つまりこれはあらゆる生きものが共通の祖先から生まれた仲間であることを意味し、

人類だけでなく地球上のすべての生きものは広い意味でまさしく仲間なのです。

キリスト教の言葉で「人はパンのみに生きるにあらず」というのがありますが、

人間、生きてくためには食べものが必要です。

食は命を養い、心を養う糧でもあります。

日本では周りに食べ物があふれているので実感がわきにくいかもしれませんが、

地球上のあちらこちらには、この瞬間にも飢えている人、特に飢えに苦しむ子どもが大勢います。

 

今のところ、日本では食べ物が大きく不足していませんが、

食べ物を諸外国からの輸入に依存している現実があります。

今は食料輸出国のお陰で輸入できていても、これから先、

農作物の生産や食べ物の供給は絶対に大丈夫といえるでしょうか。

世界を見渡せば人口増加は続き、食べる人数が増えるだけでなく、

地球温暖化の影響もあって世界各地で食べ物の生産方法や生産量も変化しています。

生命を奪わなければ私たちは生きる事ができない

毎日の食事をみればおわかりのように、

私たちが自らの命を保っていけるのは、様々な命の犠牲のお陰です。

 

だからこそ、大自然の恵みや大勢の人々のお陰に感謝して食べなければならないと思います。

 

生きていくために、生命を維持するために実にいろいろな生命を奪ってしまっています。

牛や豚や鳥や魚の生命を奪い、食べています。

お米や大根やお芋だっていのちがあります。

船上の魚がピチピチ跳ねるのも苦しいからに違いありません。

どんな生きものも死が苦しみであることは私たち人間と同じはずです。

このことをしっかりと認識し、

「いろいろな尊い命をいただいて、それらの命の分、精いっぱい生かせていただきます」と、

スポンサーリンク

感謝の心をもって「いただきます」「ごちそうさま」と合掌しなければなりません。

ついつい自分のものと思いがちなこの生命ですが、

実は大自然のあらゆる命の営みから恩恵をいただいている、

生かさせていただいているということを再確認しましょう。

つまり、生命を大切にする、その生命に感謝するという素直な気持ちで、

すべてのことを考えていかなければなりません。

この場合の生命は、自分自身、家族、友人に始まり、地球上に暮らすすべての人々、

そして人間だけでなく、すべての生きものの”いのち”にまで及びます。

地球上の全生物が網の目のような相互関係で生きている以上、

私たち人間の取り分があって、勝手な生き方はバランスを崩すことになることを充分にわきまえ、

一人ひとりが思いやりの心を持ち、日々の生活を送ることが大切ではないでしょうか。

誰もが大切であると認める生命。

大切なものならずっとそのままでいてくれたらいいのにと思いますが、

必ずいつかは消える仕組みになっています。そういうルールなのです。

生命は、はかなく、いずれ必ず消えてしまう、

寿命や他の原因で死んでしまうことを私たちは知っています。

生きるために生命をいただく

今日の食事は何でしたか。ご飯、パン、お肉、魚、野菜…。

中には精進料理やベジタリアンという方もいるかもしれませんが、

野菜や植物も生命があり、

その生命は、私たちの食卓にあがるまでで立派に生きていたに違いありません。

逆に言いますと、

人間が共生と声を上げて主張しても、

生命を大切にと訴えても、

私たちは他の生命を奪わずには生きていけないのは明白な事実です。

またこのことは大自然の営みにおいて、生きもの同士の連鎖があるように、

他のどんな生きものも同様です。

一方、他の生命を奪うという点に関しては、結局は人間の身勝手であり、エゴです。

そもそも常日頃からどんな生きものの生命も、

できるだけ失わないように努めなければなりません。

そうは言っても、例えば腕にとまった蚊をたたかなければかゆくなってしまいます。

食事を取らないと飢え死にしてしまいます。

また樹木を伐採して家を建てたり、家具を調製したり、

緑の山野にブルドーザーを入れて宅地開発を行ったりしていかなければ人間の住むところが足りません。

人間が自然を犠牲にしなければ生きていけないという宿命と現実は心に留めるべき痛みと言えるでしょう。

だからこそ、いろいろな生命の恵みによって生かされている、

そのおかげをいただいているという感謝の心を持ち、そのような人間らしい反省の中から、

私たちは分相応ということを意識しなければならないということです。

そのためには、まずもって自分の生命の大切さを知らねばなりませんし、

そうでないと同時に他の生命も尊重できません。

生きることの意味とその方法

人生は一度きりで、自分の生命は自分に与えられた時間とも言えます。

その一人ひとりの生命は誰でも等しく限りがあることは、当たり前のことです。

限りある生命であるからこそ尊厳があり、自他の生命を大切にしなければなりません。

そう考えますと、使命というように自分のため、

人のため、社会のために何ができるかを常に考え、

それが私たちの使命がだと自覚し、

毎日を生き生きと暮らないともったいないと思えるのではないでしょうか。

そして、生きるための分相応の生活に心がけ、

生命をいただくという事を毎日実感しなければなりません。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す