驚愕!!腹式呼吸ダイエットの効果で必ずウエストダウン!

はじめに

  • 腹式呼吸ダイエットとは、普段している呼吸に意識をしてインナーマッスルを鍛え代謝アップや引き締め効果でダイエットしていく方法です。
  • 腹式呼吸ダイエットの効果はどのようなものがあるでしょうか?
    • インナーマッスルを鍛えることでウエストダウンや便秘解消効果
    • 方法が簡単なのででお金がかからない健康的なダイエット方法
    • 時間がかからなく、手軽にできる。
  • 私たちは当たり前に意識をせずに呼吸をしているとき、ほとんどの人が「胸式呼吸」
  • ダイエット効果があるのは胸式ではなく「腹式呼吸」

 

腹式呼吸のダイエット効果

  • 胸で呼吸する「胸式呼吸」とはまったく違う呼吸法が「腹式呼吸」
  • 腹式呼吸は、お腹(おなか)を使った呼吸法になります。
  • お腹(おなか)を思いっきり動かすので、ダイエット効果が非常に高いことで有名です。
  • 腹式呼吸のダイエット効果について詳しく説明します。

寝ているときの呼吸=腹式呼吸

  • 普段、起きているときの呼吸は「胸式呼吸」です。
  • しかし、寝ているときは自然とお腹(おなか)を動かして呼吸しているので「腹式呼吸」をしています。
    • 体を横にしたとき、意識して呼吸に注目してみてください。
    • 自然とお腹(おなか)が上下しているとわかります。
    • 息を吐くときはきちんとお腹(おなか)がさがって、吸うときはお腹(おなか)が大きく膨らむでしょう。
    • お腹(おなか)が上下しているときこそ、腹式呼吸をしている証拠です。
  • 胸式呼吸は胸がポンプの役割になっていますが、腹式呼吸はお腹(おなか)がポンプになっています。
  • ウエストの筋肉・インナーマッスルを鍛えることができます。
  • 毎日続けていけば自然と痩せることができます。

 

ウエストのサイズダウンが期待できる

  • お腹(おなか)を動かす腹式呼吸のダイエット効果は、主に「ウエストのサイズダウン」になります。
    • パンツやスカートを身につけるとき、ウエストが合わなくなったと困っている人は多いでしょう
    • ウエストのサイズがアップすると悲しい気持ちになりますよね。
  • 腹式呼吸を地道に続けていけば自然とウエストのサイズダウンが期待できます。
  • 普段意識して使わない筋肉を意識することでより効果的に鍛えることができます。

 

ダイエットは“リラックス”も大切

  • ダイエット効果は痩せることだけではありません。
  • 効率的に痩せたいのならば、心身ともに“リラックス”することも大切なポイントになります。
  • 太る原因には「自律神経の乱れ」が入っているのも原因です。
  • 自律神経は体が緊張状態になる“交感神経”とリラックスできる“副交感神経”のバランスで成り立っています。
  • 常に体が緊張状態になっていると基礎代謝も落ちてしまいます。
  • 基礎代謝の低下は太りやすい体質になるので注意しなければなりません。
  • そこで、腹式呼吸が登場です。腹式呼吸は深い呼吸を繰り返します。
  • 緊張しているとき深呼吸をすると体の緊張がなくなります。なぜなら、気持ちが落ち着きリラックスできる効果があるからです。リラックス効果を高めることで、基礎代謝の維持ができます。

 

腹式呼吸の正しいやり方

正しいやり方だからこそダイエット効果が高まる

腹式呼吸」の正しいやり方
  • 【 ステップその1 】
    • 立った状態、もしくは座っている状態で上半身の姿勢を正す。
    • まずは背筋を伸ばします。できればお腹に両手を当てて、膨らみを意識できるようにしてみましょう。
  • 【 ステップその2 】
    • 5秒かけて鼻から息を吸う。
    • お腹膨らむのを確認しながらゆっくり息を吸い込みます。
  • 【 ステップその3 】
    • そのまま5秒間キープする。
    • その状態で息を吐きださずに5秒間キープしましょう。ここがメリハリにつながります。
  • 【 ステップその4 】
    • 10秒かけて口から息を吐く。
    • 最後にお腹の空気を口から吐き出しましょう。
    • コツはゆっくり吐き出すのではなく、一気にブレスして残りの秒数は限界吐き出し状態をキープすること。
    • 次にお腹がグググ …… !と締められる感覚を味わいましょう。
    • さらに、お腹と背中がくっつくくらいに息を吐ききりましょう。
  • 【 ステップその5 】
    • これを10セット行いましょう
    • 一日10セットが理想です。
    • お風呂にはいっている時に行うなど習慣づけてしまえば、三日坊主にならずに済むかもしれません。
※とってもカンタンです。また、息を吸うときにおしりの筋肉をギュッとしめるのも忘れずに!
腹式呼吸とは別に、逆腹式呼吸と呼ばれる呼吸方法もあわせてご紹介します。
  • その名前のとおり腹式呼吸とは真逆
  • 最初は腹式呼吸に慣れるまで大変でしょう。
  • 毎日続けていけば自然とできるようになるほど慣れます。
  • 腹式呼吸に慣れてきたら、ぜひ“逆腹式呼吸”を取りいれてください。
  • 効果としては肺内の二酸化炭素を普段の呼吸より多く出せるメリットがあります。
  • 息を吸ったときにおなかをへこませ、吐いたときにおなかを膨らませる方法です。
  • 意識をしないとできない呼吸方法です。
  • おなかをへこませたとき横隔膜とともに肺が押し上げられ取り込む酸素量が増加し、吐くときにいらない二酸化炭素を十分に吐き出すことができます。
  • 普段の呼吸より、体のなかで十分な換気が行われています。
  • 逆腹式呼吸でガス交換を担う「肺胞」を活用して新鮮な酸素を取り込みます。
逆腹式呼吸」の正しいやり方
  • 【 ステップその1 】
    • 立った状態、もしくは座っている状態で上半身の姿勢を正す。
  • 【 ステップその2 】
    • 5秒かけて鼻から息を吸うと同時におなかをへこませる。
  • 【 ステップその3 】
    • そのまま5秒間キープする。
  • 【 ステップその4 】
    • 10秒かけて口から息を吐きながらおなかをふくらませる。
  • 【 ステップその5 】
    • これを1日10セットチャレンジしてみましょう!

 

補足説明

  • 腹式呼吸よりもダイエット効果が高く、胃腸の運動が活性化する効果も持っているのです。
  • 胃腸が弱い人や便秘気味の人にも効果が期待できます。

腹式呼吸のメリット・デメリット

メリットは?

  • お腹(おなか)が引きしまる
  • 痩せやすい体質になる
  • 基礎代謝が向上する。
  • ダイエットなどにつながる効果がたくさんあります。
    • 普段からこけやすい人はバランス感覚が悪いので、腹式呼吸の効果が大いに実感できるでしょう。
  • 重心が下になるのでバランス感覚が安定する。
  • 大きな声が出る。(声にメリハリができ、より相手に意思が伝わる。)
  • お腹(おなか)まわりの筋肉が鍛えることができ、内蔵のマッサージ効果があります。
    • マッサージ効果によって内臓の動きが活性化できます。
    • 内臓の活性化によって、健康的な体になるでしょう。

 

デメリットは?

  • 腹式呼吸にはほとんどデメリットがありません。
  • その逆として胸で呼吸をする「胸式呼吸」には、体の緊張をうながすデメリットがあります。
    • 胸式呼吸は胸の筋肉を動かすため、首や肩などさまざまなところに負荷がかかります。いわゆる「コリ」です。
    • 筋肉の緊張によって動きの制限や痛みにもつながる恐れがあります。
  • けれども、腹式呼吸はお腹(おなか)を使って深く呼吸をする方法です。逆に、緊張してしまった体をほぐしてくれるため、メリットのほうが効果が高くなります。

腹式呼吸ダイエットは、こんな人におすすめ

  • とにかく飽きっぽい方
  • 忙しくてなかなか時間が取れない方
  • 激しい運動が苦手な方
  • 家にいながらできるダイエットを探している方
  • 体の血行や体脂肪が気になる方
  • 歌や管楽器を上達させたい方
  • 腹筋を鍛えたい方

腹式呼吸は健康管理の王道!5つの効果

血液循環の活性化

  • 前述したとおり、体脂肪の燃焼効果です。
    • わたしたち現代人はそもそも腹式呼吸を行っている方がとても少ないんです。
    • その多くは呼吸の省エネと呼ばれている胸式呼吸。
    • 女性に多いと言われている浅い呼吸はこちらのタイプに当てはまります。
    • 胸式呼吸はほとんど横隔膜が上下しません。
    • 正しい腹式呼吸では呼吸にあわせて横隔膜がしっかりと上下してくれるのでポンプのような役割を果たし、内臓系の血行が良くなります。

 

体脂肪の燃焼を促進

  • 前述したとおり横隔膜を中心とする連動運動により代謝が良くなります。
  • 詳しく説明しますと、上記に連動し、横隔膜の運動範囲は胸式呼吸の2~3倍になります。
  • 体内の血行が良くなり代謝がアップすれば、自然と脂肪が燃えやすくなります。

腹筋の筋力アップ

  • 腹式呼吸では、おなかの筋肉を使いながら深く呼吸することで、大胸筋や、腹筋を強化することができます。

 

基礎代謝アップ

  • 横隔膜を上げ下げさせる運動で、インナーマッスル(体幹)が鍛えられます。
  • 上記理由により、基礎代謝がかなりアップします。
  • また、姿勢を正しくキープする筋肉も鍛えられます。

リラックス効果

  • 意識して行う腹式呼吸は、深呼吸と同様のリラックス効果が期待できます。
  • 腹筋運動やウォーキング、ランニングといった燃焼運動の連動ではないところがポイントです。
  • 息を吐いたときは心臓の音がゆっくりになり自然とすーっと落ち着くことができます。
  • 自律神経を整えたいときにも効果的です。

 

まとめ

  • 腹式呼吸はダイエット効果だけでなく、健康にも非常に良く、リラックス効果もあります。
  • お腹(おなか)を積極的に使って呼吸する腹式呼吸は、基礎代謝の向上、ウエストのサイズダウン、リラックス効果などたくさんのメリットがあります。
  • ほとんどデメリットはないので、腹式呼吸をしたほうが効率的です。
  • しかし、普段から意識してお腹(おなか)を使わなければなりません。
  • 腹式呼吸は毎日続けることで効果が生まれます。
  • すぐに効果が出る人もいますが、基本は毎日続けてください。
  • 寝る前やお風呂あがりなどリラックスしているときに腹式呼吸をすると効果的です。
  • 日ごろから呼吸に注目して生活していきましょう。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す