「やる気」「集中力」を上げるためには

はじめに

ダイエットを始めて一番障害となるのが、やる気なんですよね。

ダイエットを継続しているとやる気が出なかったりする日もあります。

スポンサーリンク

では、やる気を出す方法はあるのでしょうか?

本ブログは、ダイエット=我慢の連続というイメージを払拭していますが、

それでもやる気が出ないときもあります。そんな時に何をすればいいのか?

「やる気・集中」という『物質』

「やる気・集中」:ドーパミン

「快眠」:メラトニン

「落ち着き」:セロトニン

「学習」:アセチルコリン

「いたみ除去」:βエンドルフィン

「覚醒」:ノルアドレナリン

といった、『神経伝達物質』。

これが、脳、主に間脳の視床下部から出ているものが多いですが、

間脳からドーパミンをポチョン、ポチョンと出せば=「ヨッシャー!!!」

となるわけです。

つまり、

「やる気を沸かせる」=「脳、とくに間脳の働きをよくすればいい」

その間脳の働きを良くするには・・・。

ドーパミンという物質を出すためには?

食べ物で取する

  • ドーパミンの原料は、たんぱく質です。必須アミノ酸やアミノ酸を含む食品を取ることが大切です。
  • 必須アミノ酸というと、お肉(牛肉、鶏肉、豚肉)、魚、大豆食品に多く含まれます。これらの食品と共にビタミンB群(特ビタミンB6、ナイアシン)が必要です。もう一つミネラル(鉄)を取ることも大切です。
  • これらは、たんぱく質の代謝に働きます。ビタミンB6はニンニクなどに多く含まれます。お肉自体にも入ってはいます。
  • ストレスによって、ビタミン群は、とても壊れやすいので、心がけて取ることが必要です。
  • しかし、取り過ぎで、障害が出ることがあるのですが、普通の食事をしている分には構いません。成長期の子供は特に必須アミノ酸を必要としています。

ときめく

  • 美人な人を見たり、美男子を見て、うっとりとしたりすることがあります。
  • ドキドキしてときめくようなことでもドーパミンは出るようです。
  • これは、実際に恋愛をしなくても、写真や映像でも良いとされています。

運動をする

  • ジョギングなどをすると、脳が活性化されて血流も良くなります。
  • 運動をしていた人などなら経験があるでしょうが、ランナーズハイの状態まで運動をすることがドーパミンの放出を促します。

笑うこと

  • 医学的にも笑うことは、免疫を高めたり、脳を活性化させたりと良いということが実証されています。
  • 笑う会というサークルが会ったりもします。楽しいことが無いから笑えない、一人だから笑えないという意見の人もごもっともだと思います。
  • しかし、実は、先に何もなくても笑っていると、脳が活性化されてくるということも実証されているのです。できれば、誰かと楽しい時間を共有することが日常的にあったらいうことはありません。

カラオケで好きな歌を歌う

スポンサーリンク
  • 歌を歌うということは、カロリーをかなり消費します。
  • それと同時に脳内の活性化が図られます。
  • ここで大切なのは、自分の好きな歌を歌うということなのです。
  • 好きな歌を歌うと、その歌への感情も動きより脳内が活性化されます。

おいしい物を食べる

  • 食べ過ぎはいけませんが、おいしい物や自分の好きな物を食べることで、脳が満足をしてドーパミンが放出されるということがあります。
  • お酒が好きな人なら、お酒を少量飲んでも同じです。飲み過ぎは逆効果なので気を付けて下さい。

いつもとったルトを通る

  • いつも同じ道を行くのではなくて、たまには違った道を通り、新しい事を発見するということで、脳内が活性化されます。
  • 飽き性のあなたは、次々と色んなことに挑戦するかもしれませんが、すぐに飽き足り、慣れてしまって、脳がドーパミンを出すことをさぼるようになるでしょう。
  • このようなタイプの人は、常に新し事を自分で見つけて、それに挑戦するように心がけることで、ドーパミンを出し続けることが可能です。

を立てる

  • ドーパミンは、脳が達成感を味わうと脳からの命令で放出されるようになっています。
  • 大きな目標でなくて、小さな目標を立てて、達成感をたくさん味わえるようにしましょう。
  • 目標と達成も目で見て分かるように、カレンダーにメモするなど視覚的にも刺激が入るようにすると効果的でしょう。

ご褒美を与える

  • 今では、良く知られていますが、報酬系との関わりがドーパミンにはあります。
  • つまり、何かをして、ご褒美を与えられると、脳内に、ドーパミンが放出されます。
  • 依存症は、ギャンブル依存、買い物依存等色々ありますが、この報酬制と関係が深いです。
  • 時々大当たりするとドーパミンが出て快楽が得られます。良くない依存による物は良くないですが、何か自分が目的を達成して、自分で小さなご褒美を与えるということを実際に行えば、脳内でのドーパミンが増えるでしょう。
  • 目的を立てて、それを達成して、達成感を味わってご褒美も自分で自分に与えるということで、ドーパミンの強化につながるでしょう。

まとめ

  • いかがでしたか?
  • ドーパミンは、精神的な病気との仮説があります。
  • 統合失調症の激しい反応の時期には、ドーパミンがものすごく放出されているとか、パーキンソン病では、ドーパミンが足りなくなっているとか、覚せい剤の使用では、ドーパミンがたくさん作動して、問題行動が起きるなどです。
  • うつ病とも関係があるとも言われています。
  • 日常的に、やる気の起きない状態を改善するための方法として、ご紹介した、方法を取り入れることは、健康増進に繋がる範囲のことでしょう。
  • 将来の認知症の予防にも同じようなことが良いと言われているものもあります。モチベーションを上げて、日常を楽しく過ごしたいものです。

 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す