アボガドのロメインレタス巻き

材料(2人分)

  • アボガド  大1個
  • トマト(粗く刻む)  大1個
  • キュウリ(乱切り)  小2本
  • 紫タマネギ(乱切り。選択自由)  大さじ1
  • 緑豆モヤシかアルファルファ(またはその両方)  1〜2カップ
  • マスタード(選択自由)  小さじ1
  • レモンの絞り汁  大さじ1
  • ※ロメインレタス(洗って水気を拭き取る)  1個

※リーフレタスやサニーレタスでの代用可

作り方(15分)

  1. アボガドを縦に二つに割り種を除き、果肉をスプーンですくい取ってボウルに移し、フォークで潰す。
  2. トマトとキュウリ、好みで紫タマネギ、緑豆モヤシかアルファルファ、マスタード、レモンの絞り汁を加えてあえる。
  3. レタスの葉を大皿の縁に沿って花のように敷き詰め、皿の中央の空いている部分に2のアボガドミックスを山盛りに盛ればできあがり。

※食べるときは、レタスの葉の中央に、アボガドミックスを大きなスプーンですくって載せ、トルティーヤのようにレタスで巻いて食べる。

※アボガドミックスをすぐに使わない場合は、アボガドの種をその中に入れて保存するとアボガドの色が変わるのを妨げる。

スポンサーリンク

※和食党メニュー【注釈(和食党は次のメニューで代用可能です)】

野菜をあえるときにマスタードの代わりに減塩醤油を使い、レタスにのりを重ねてアボガドミックスを巻けば和風になります。

メモ

この料理は指でつまんで食べるサラダで、満足度には太鼓判を押せます。

フィリング(具)をトルティーヤで巻いて食べる「ブリート」というメキシコ料理からヒントを得たもので、ここではトルティーヤの代わりに、パリッとしたレタスの葉を使います。

アボガドやほかの野菜を合わせたフィリングを包んで巻きます。

スポンサーリンク

Follow me!

スポンサーリンク

アボガドのロメインレタス巻き” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: 360 frontal

コメントを残す