第9回 「解毒と排泄」が健康と病気を支配する。

はじめに

今回は、体に溜まった老害物の排泄について紹介しています。

果物のパワーを借りて病気しらずの健康な体を作っていきましょう。

それではシェアしましょう。

第9回の概要について

  1. 老廃物を捨てて、スリムになろう。
    • やせるためには「解毒」が必要不可欠です。
  2. 不快感は体の自己調整作業
    • 食習慣を変えた当初はお腹の張りなどの不快感を生じます。でも心配ありません。
  3. 一生を通じて人生を楽しめる「ライフスタイル」
    • 食べることに対して制限などしなくてよいのです。たくさん食べて、味覚をたっぷり楽しみましょう。

老廃物を捨てて、スリムになろう

  1. 減量を成功させ永久にその状態を保つには?
    1. 有毒な老廃物を組織から取り除くことが極めて重要です。
    2. 「フィット・フォー・ライフ」のプログラムを実践することが一番の解毒を行うための近道です。
    3. 有毒な老廃物を体の中に溜め込むのに20年、30年、40年、あるいは人によってはそれ以上の年月をかけています。このため、その期間溜め込んだものの排泄は、一晩で一気に完了できるような代物ではないことを頭に入れておく必要があります。
  2. やせるためには「解毒」が必要不可欠
    1. どんな健康プログラムであっても、成功の秘訣は体内組織がきれいにされているかどうかにかかっています。
    2. 「解毒を行なう」ということは、体内をきれいにするということです。
  3. 食事プログラム
    1. 体の解毒をしてくれるのが本HPにある「ダイエット週間メニュー」こそそれを実現してくれます。
    2. 解毒をスムーズに快適に行えるようにしてくれます。

不快感は体の自己調整作業

  1. 不快感の症状として最も多いのが、初期段階で発生する「腹の張り」
    1. 果物の中にある浄化エネルギーが、溜まっている有毒な老廃物をかき混ぜ、オナラや腹部の張りを引き起こします。
    2. 果物の中にある浄化エネルギーが、溜まっている有毒な老廃物をかき混ぜ、オナラや腹部の膨張を引き起こす。
    3. 最初の数日間体重が1〜1.5キロ増える時があっても全く問題ないです。
  2. 「排泄のサイクル」が起こっても(薬を飲むなどして)その排泄をを止めてはいけない。
    1. 頭痛、体の痛み、疲れ、下痢等の体調不良を感じても問題ありません。
    2. 果物が備わっている浄化促進力が、ぎっしりと詰まっていた便を体外へ洗い流しているだけです。
    3. 体が有毒な老廃物を取り除いている最中です。
  3. 一時的な不快があったとしても、それは浄化と健康回復への作業が行われているサインとして捉えることが重要
    1. 人間の体は、そのエネルギーを利用できるうちに健康維持に努めようとします。
    2. 人体に秘められた「知恵」、「知能」、「回復力」を信じることです。
    3. 体の浄化能力に感謝しつつ新しい食事方法を続けることが最も大切です。

一生を通じて人生を楽しめる「ライフスタイル」

  1. 心臓病やガンから遠ざかる方法
    1. 水分を多く含む食べ物を食べること、正しく組み合わされた食べ物を食べること、果物を食べることです。
    2. 野菜や果物は解毒作用があり、解毒こそが減量や健康な体に直結しています。
  2. 食べることに制限などいらない。むしろ十分に食べることに楽しむことだ。
    1. 自滅させるような苦しいダイエット法は必要ありません。
    2. フラストレーションと一時的な体重の減少という虚しい経験は不必要です。

まとめ

  1. 果物を食べる量を増やしても体重の増加はありません。
  2. 食事制限などの制限するようなダイエットはオススメできません。
  3. 正しく食べれば、果物のカロリーはすべて身体の浄化(排泄)に用いられるということを信じて食べることを楽しみましょう。

 

次回「第10回 現代人はタンパク質を摂り過ぎている」で引き続き学んでいきましょう。

前回「第8回「原則3」果物を正しく食べること

Follow me!

コメントを残す