ダメ社長が成功するには

ダメ社長

うちの会社はバブル期の時には儲けていたという痕跡があります。

しかし、今では数々の不可思議なことが目についています。

一つ言えることは、将来性がないこと。

これは、社長がダメだからです。それしかないと思います。

成功するには

会社の成功は僕なりに考えています。

基本的には社長が覚醒するしかないと思ってます。

社長自身もこのままではダメだろうなと思っているかもしれません。

成功=幸せ

会社の成功で気をつけなければならないのは、

家庭を顧みず、結果、家庭がズタボロという状態は避けなければなりません。

それでは成功の意味がないと思います。

やはり、成功して家庭も円満でいてこそ真の成功ではないでしょうか。

変化と継続

昨日と同じ事をやっていても覚醒はしないと思います。

また、小さな成功でも覚醒はしません。しかしながら、大きな成功は小さな成功の延長線上だと思います。大事にしなければなりません。

一流の仕事をしたければ変化と継続を続けることが大事です。

変化と継続は本当に大変です。

なので変える事を放棄する会社もあります。うちのように??笑

PDCAサイクルをスピードアップさせる事

何をやっていいかわからない。

そんな時は、会議でどんな問題点でもいいので提起して、

それの問題点の処置対策を打ち出し、実践・改善・計画・実践と行動することが大事です。

行動せずに最初からダメということだけは避けなければなりません。

起業したての時はPDCAサイクルのスピードは早いと思いますが、

3年も経つと一つも改善できない状態になっているのではないでしょうか・・

まずは社長が動くこと

やはり変えるには社長が自ら実践するしかありません。

従業員の稚拙さを嘆いている社長は、

本当の原因は社長にあります。社員教育を放棄しているからです。

マネジメントができない作業しかできない社員を作り出しているのは社長自身が原因なのです、

それをしっかりと理解していないと会社はダメになります。

計画を立てることを教えて、PDCAサイクルをしっかりと叩き込むことから始めるべきです。

すこしづつ覚醒しましょう!

Follow me!

コメントを残す