うちの会社の良いところ

入社してそろそろ半年になります。

半年も経てば会社の良いところも悪いところも見えてきます。

そんなわけで、うちの会社の良いところをピックアップしてみたいと思います。

うちの会社の良いところ

うちの会社は世間でいろいろ問題になっているブラック企業です。

しかしながら、そんなブラック企業ならではの良いところというのもそれなりにあったりすると考えます。

そんな良いところを紹介していきたいと思います。

合う人には合う

ブラック企業の方が肌身に合っているという人種は確実にいます。

うちの会社の離職率はものすごいです。3ヶ月単位で常に事務所の人が入れ替わっています。

そんな離職率が高い会社にもかかわらず、勤続30年の方が2人もいます。

ブラック企業といえば、努力や根性程度で何とかできる機会も多いと思いますが

うちの会社はノルマや目標などは一切ありません。赤字を出せば社長が怒鳴るだけです。

その怒鳴りを回避したら、どんなにサボってもお金は出してくれる、すこしおバカな会社です。

就活しなくていい

ブラック企業といえども、社会人は社会人。

社会人という身分は得られるので、世間体とかを気にする場合はありがたいです。

また、面接を受けるだけでほとんどの人がすぐに採用されます。

まったりな就活をしても余裕で受かる会社です。

お金を使う機会が少ないのでお金は貯まりやすい

仕事帰りに衝動買いしようにも、帰る時間にはお店は閉店済みです😄

ついでに通販も受け取れないので、使いませんw

そもそも使う暇が無いので買いません

夜が遅いと、銀行も手数料取られてしまうので、気楽にお金を下ろす気になりません。

そんなわけで、まともな給料をもらえなくとも、仕事に追われ使う暇が無い以上割と貯まります

仕事による健康へのダメージの医療費ストレス発散で食費が・・・って考え方もあるけれど、

それは普通の会社でも変わりません😄

家の電気代を削減できる

家にいないので、家の光熱費はかかりません

家に家族がいればメリットは薄いですが、特に一人暮らしの場合はこのメリットは地味に大きいです。

光熱費を会社に払ってもらえると考えればお得な気分です。

ボーナス時期のソワソワ感が無い

今年ボーナスはいくらだろう?そもそも出るのかな?といったボーナス時期の期待と不安

「下手にボーナス見込んでボーナス払いの借金してたのに、ボーナス無くて計画破綻」

なんて笑えない話も聞きますが・・・・

うちの会社にはそもそもボーナスという概念がありません。。

はい!ブラック企業ですから😄

なので余計な心労ももちろんありません

勉強にはなる

仕事の細分化なんてされておらず、仕事をポンと振られ全行程やることになるのもザラ。

なので、満遍なくスキルを得られることができます

悪く言っても器用貧乏にはなれます・。

未経験者だったとしても、真面目にやっていれば一通りのノウハウは知れます。

僕なんか、仕入れから値引き交渉からマーケテングから経理の仕事からポスティングもやってます。

何から何まで1人です。スキルはかなり上がりました。いつでも起業できる心境です。

また、取引先もブラックな環境で生き残っている猛者ばかりです

話をしているだけでも色々と学べることは多いです。

不平等にキツイ

経営陣が会社の改善を放棄していますので、

「いつまでも帰れず休日出勤せざるを得ない人」や

「やたらと休める人」という差が出でて、どうしても不平等感が出ます

不平等感が当たり前の場所なので少々のことでは不満を抱きにくく、

なぜか連帯感すら生まれます。

会社のせいに出来る

本来、反社会的で自分からは絶対にやらない事でも、

仕事として振られた以上やらざるを経ない場面ということがあります。

大きな声じゃ言えませんが、かなり労働基準法を無視しているところはあります。

ブラックだから当たり前ですか?

さらに、現場等では申請しなきゃいけないことなど、申請していません。

いろんなところで法を無視しています。

なので、「実質加害者でありながら会社の被害者」として振る舞うことが出来ます。

悪事を働いておきながら、自分は被害者として逃げられるというのは割と貴重な経験なのではないでしょうか?

また、ドキュメントとかエビデンスとかが存在しない事もザラです。

責任の所在が曖昧なので、口が旨いなら全責任を他人になすりつける事も可能。というか日常です。

普通の会社でだって、責任を明確にするために、無駄に大量の書類を作りますが、

いくらやったところで完璧な書類なんて物はまず作れません。

うちの会社はそういうことはやりません。

そういう意味じゃハナからドキュメント作成を軽視してやらないと言うのは実に合理的だったりします。

ついでに言うと、「仕事を辞めたのはブラック企業だったから」と会社せいにするのは周りへの説得理由として

理にかなってるし、診断書も得られれば理想的です

転職先が超ホワイトに感じる

うちの会社の離職率はハンパありません。

元同僚から、「今の職場は超ゆる〜い」

とよく聞きます。

うちの会社の最大の存在意義と言っても過言じゃないのが、

うちのようなブラックな環境を経験していると並み以上の職場に転職できたなら、超ホワイトに感じる

超ホワイトからしたら下だとしても!

給料面だって、普通の給料頂けるだけでも、本人としては実質大幅な年収アップです!!

たとえ、転職先でも仕事量が増えて辛くなって来ても「前職よりはマシ」という言葉をバネに頑張れるそうです。

会話のネタになる

うちの会社は毎月離職者がハンパありません。そんな離職者から、うちの会社うぃ笑い話にします。

そうです。辛い経験も、やめた後なら笑い話

うちの会社の意味不明で奇妙な風習なんかは絶好の美味しいネタ

場合によっては話した側は勿論、聞く側も「自分がその環境でない事」に幸福感を感じられます😄

会社に恩義を感じなくて良い

なんやかんやで恩義があれば、辞めたりとか、各種まっとうな要求が躊躇われる事もありますが、

うちのようなブラック企業に対しては恩義を感じる必要は一切ない!!

万が一自分が離れた後に、潰れたニュースを聞いたとしても、寂しいという感情は絶対ありません。

前もって脱出出来たという安堵感もあって逆に微笑ましい気持ちにすらなれます。

たとえ、未払い金請求が原因で潰れたとしても罪悪感を感じる必要はありません。

むしろ、悪質企業を駆逐した立派な社会貢献

誇っていいです。

というわけでブラック企業について薦めてみました。

ホワイトな会社の経営者(人事)の皆様

普通の給料で普通に雇うだけで死ぬほど感謝され悪徳企業の駆逐という社会貢献も可能です。

うちみたくブラック企業に努めている人・・・もといブラック企業に勤められるだけの耐久力を持っている人材を、

ピンポイントで引き抜くのなんていかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す