ど素人が株式投資を始めました!!⑩

はじめに

僕は前職を失い、給与が半額以下になりました。

本当に今を生きることで精一杯です。

そこで何とか家族を養うため、思案した結果、

株を始めることにしました。

ど素人ですが、利益を上げるために

様々な株の勉強しながら実践しながら、

勝つために得た知識をみなさんとシェアしたいと思います。

空売りの仕組み

空売りとは(信用取引)

→株が下がる事で儲かる

※普通は安く買い、高く売る事が普通ですが、

空売りはその逆

空売りのメリット

相場が下がっている局面でも投資できる
相場のリスクヘッジでも活用できる

→つまり・・・・・

選択肢を広げることにより

機会損失を妨げる

ということで是非、空売りというものを

挑戦してみたいと思いますが・・

あまり知識がない状態で適当な取引をすると

損失につながるので基本はルールに乗っとり

トレードを行います。

空売りの仕組み

まずは

  • 証券会社から株を借ります。
  • 株を借りるので証券会社にお金を支払います。
  • そのお金を証拠金と呼びます。
  • 借りた株はすぐに売りに出す。(これを売りから入ると呼ぶ)
  • 上記の売買を1000円で取引したとする。
  • 株価が下がり、売りに出した株の価値が800円に下がったとする。
  • その株を800円で買い戻す。
  • 手元には200円と800円の価値の株を持っている。
  • この200円というのが空売りの利益ということ
  • そして、もともと証券会社に借りていたので株を返します
  • 証券会社に株を返すと証拠金も戻ってきます。
  • 今回の空売りで200円の利益を得たことになります。

値下がりの局面で、株を売りに出し、

再び買い戻し利益を出すということが

株の空売りということです。

相場が下がっている局面でも投資できる

現物買いに比べ2倍のチャンスができます。

相場のリスクヘッジでも活用できる

買いと判断しても、為替や全体相場に引っ張られることもあります。

要するに上がると思い買った株の価値が下がる場合もあります。

その下がった時に空売りを活用できます。

どちらの相場に流れてもヘッジができる

空売りのリスク

万が一の場合のリスクが非常に大きい取引

例えば

通常のトレードの場合

株価が100円の株はどんなに値下がりしても

1円より下がることはありません。

倒産しても

最大損失は1株あたり100円がマックス

 

空売りの場合は・・・

空売りをした株が100円から200円(2倍)、

500円(5倍)、1万円(100倍)になることもあります。

青天井と呼びますが、いくらでも逆を行く場合があります。

 

リスクも大きく、複雑なので

素人にはやりづらい部分もあります。

空売りをするにはある程度の慣れも必要ですね。

ただ、チャンスを広げるということは

非常に重要なことなので

素人でも、挑戦してもいかがでしょうか

 

 

ちなみに、

 

信用取引というのは

一般の証券口座とは別に

信用取引用の口座がございます。

なので、普通の証券口座を持っているだけではできない

場合がありますので気をつけてください。

しつかりと自分で申し込んで審査を受けた上で

実施してください。

 

それではこれで終了いたします。

 

チャオ〜

Follow me!

コメントを残す