ブラック企業は最強の修行場所

世の中になぜ、ブラック企業が存在するのでしょう?

それは世の中の人が無意識にブラック企業を望んでいるからです。

例えば、コンビニエンスストアを例に挙げてみましょう。

コンビニエンスストア(以下「コンビニ」)は365日24時間営業です。

当たり前です。当然じゃん。

これが、土日休みのコンビニや24時以降は閉店のコンビニを開くと、すぐに潰れてしまいます。

そんなコンビニ必要ねぇよ。という声が聞こえるからです。

つまり、みなさんが土日休みのコンビニを望んでいないからです。

土日休みで、24時以降閉店のコンビニだけなら、店員も2人ぐらいで回せると思いますが、

365日24時間営業なら、人は倍ほど必要となります。

それにコストを削減となると人件費が削られるのが世の常です。

それが、そもそものブラックの始まりなのです。

つまりブラックは日本人特有のサービス精神と心遣いから生まれた悪しき伝統な訳です。

 

それらを踏まえて、ブラック企業から回避するためにはどうしたら良いのか?という事は、

もうすでに皆無なのです。

ほとんどの中小企業はブラックです。

ちなみに、自衛隊もブラックでした。

よく上司から「血のションベンを出してから、一人前だよ」と言われました。

仕事のやりすぎで体調不良で血尿を出す人がかなり多くいました。

 

ブラック企業を回避できないとなると、この世は地獄じゃん。と思うかもしれませんが、

要は考え方一つでガラリと変わります。

ブラック企業はスキルアップの場と捉えると楽しく勤務できます。

上司からの圧力をサラリとかわす方法。

多忙な毎日を効率よく計画立てて勤務する方法。

無理難題を言われても断りきる方法。

早朝から深夜まで休憩なしで仕事をこなせる週集中力を養う。

本院の知らぬ間に様々なスキルを身につけることができます。

 

だから、絶対に後ろ向きに考えてはダメなのです。

後ろ向きに考えるとすぐに鬱になったり、自殺まで行き着いちゃいます。

そこまでギリギリの所で仕事をしているのです。ブラック企業は。

そんな所で仕事をして、能力が向上しないわけがありません。

様々な能力を備付けることができます。

そう考えるとブラック企業も楽しいのです。

そう考え方を変え、能力を向上させ、もうこれ以上能力の向上に見込みがないな

と判断したときに転職したら良いのではないでしょうか?

そしてブラック企業に働けば能力を上げ、ホワイト企業に勤めたら、ブラック企業で身につけた能力を存分に発揮したらいいと思います。

みなさん、ブラック企業だからといって絶望してはダメです。能力向上と考えてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です