上司の言葉を瞬時に具現化

自衛隊では上司の意図や方針をすぐに具現化するという考えがあります。

これは大企業であればあるほど当たり前だとは思いますが、

自衛隊はその上司の意図を具現化する事に関して様々な教育をしっかりと実施するわけです。

スポンサーリンク

民間では損益責任という言葉がありますが、具体的には売り上げを上げていく事であることは明確ですが、

自衛隊にも損益責任と同じような考えで、上司の意図を具現化するというシステムが浸透しています。

 

ではどのような事を実施しているのか?

基本的には以前にも紹介した戦術的思考です。

ざっくり言いますと

情報→知識→行動

目標を達成するためには行動しかありません。行動しないと目標など達成もできません。

上司からの言葉を瞬時に汲み取り、分析→情報収集→知識→行動という形をとる事を

徹底的に教育されています。

何も答えが出ないときは、とにかく行動してみる。

そうしていく事で縦割りの一気通貫システムが構築されます。

上司の一言で瞬時に動く組織、それが自衛隊です。

それを支えているのは日頃から実施している教育なのです。

先輩が後輩に常に教育するシステムが醸成されているからこそそれぞれが責任もって行動しています。

大事なのは戦術的思考のように目的→目標を明確化しすぐに行動です。

行動しか結果は出ません。

わからなければ足を使うしかありません。色々と考えるよりまず行動ありきです。

スポンサーリンク

 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す