計画作成という最高の準備

僕の手掛けている仕事は超忙しいです。

官公庁の役務になりますが、納品数と納品先がハンパなく多いいのです。

また、納品するための物品を購入、加工、配達までを数社と調整し、

官公庁との納期調整を実施した後、実行となるわけです。

そんな中、役に立ったスキルが、前職で徹底して教え込まれた、計画作成術です。

計画作成といえども、細部までこだわらなければなりません。

そこで必要なのは、

「誰が、どこで、いつ、何を、どのように」の5W1Hです。

この5W1Hは本当に重要で、具体性を出すために必要不可欠な考え方です。

また、5W1Hが全て揃うまで、調整につぐ調整で細部までこだわる様にします。

そして次に必要なことが、戦果の拡張です。

これも前職時代に教育されたことです。

つまり、次へとつながるように調整を実施しなければなりません。

調整はそれが大事です。

なので、僕は5W1Hと戦果の拡張にこだわり、計画を作成しています。

複雑な仕事を手がければ手がけるほど細部までこだわらなければなりません。

最後のもうひと押しの計画を作成することは意外と難しいです。

みなさんそこまで頭が回らないのです。疲れ果ててしまうからです。

でも、現場で働く人たちは細部を欲しがっています。その気持ちに共感さえすれば、

細部まで考えられる計画を作成することができます。

みなさんも計画を作成するときはざっくりじゃなく、細部までこだわり計画作成を実施してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です