戦いの究極の目的

戦いの究極の目的は敵の意思を破砕するにある。

僕が一番好きな言葉です。

要は相手の心を折れば戦いは終了するわけです。

反対にいくら傷めつけても相手に戦う意思が残ってたり、意思が誰かに受け継がれれば

スポンサーリンク

戦いは終わらないのです。

軍事力の本質は、自己の意志(Aの意志)を敵(B)に強要するための手段として組織的 に行使される実力です。

このような軍事力の本質は戦闘において最も顕現されます。

なので、戦争にならないように政治力で相手の意志を破砕すればいいわけです。

百戦百勝は善の善なるものに非ず

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中に「百戦百勝は善の善なるものに非ず」という有名な言葉があります。

およそ兵を用うるの法は、国を全うするを上となし、国を破るはこれに次ぐ。
軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。

(中略)
百戦百勝は善の善なるものに非ず。
戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。

が「百戦百勝は善の善なるものに非ず」のくだりですが、現代語訳にすると、

戦争をするとき、相手の国を痛めつけず降伏させるのが上策で、戦で破って降伏させるのは次善の策である。また、相手の軍隊も同様で、痛めつけず降伏させるのが上策で、戦で破って降伏させるのは次善の策である。百戦百勝は実は最善ではない。戦わないで敵を屈服させることが最善である。

という意味になります。

「百戦百勝」と聞くと最強のように感じますが、戦いの結果、降伏させた相手の国力が低下するだけではなく、自国の犠牲も生じます。勝利に見合った体力(国力)が得られないまま“勝ち”を続けていっても、いずれ体力的な“飽和点”に達してしまいます。そして、“飽和点”に達した時、百戦負け知らずでも、101戦目は敗れてしまうことになるのです。

“勝ち”に見合った体力を得て拡大していくことで「善の善なるもの」となります。「戦い」はあくまで手段であって目的ではありませんから、勢力拡大には「戦い」ありきではなく、いかに自分の力を損なうことなく、他者を従えていけるかの知恵を絞るべきでしょう。

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す